沖昌エンジニアリング TOP 採用 TOP 仕事紹介

Work

仕事紹介

沖昌エンジニアリングの主な業務
当社では、官公庁や民間企業が発注する下記の様々な業務を受注し実施しています。
勤務場所は、東京・千葉・埼玉・茨城・山梨他、各都県です。
種別 業務の名称
施工管理 工事監督支援業務
施工体制調査業務
調査

設計
調査設計資料作成業務
技術審査業務
積算 積算技術業務
道路

河川管理
道路許認可審査・適正化指導業務
河川巡視支援業務
当社の担当業務
調査設計資料作成業務
事業・工事を進めるための準備は?調べて資料を整備します。

国民が「安心・安全」に生活できるように、河川や道路のインフラ整備や自然災害に 備えるための公共事業の執行に関する業務に、プロジェクトの一員として参画できるやり甲斐のある仕事です。

業務内容

調査設計資料作成業務は、国土交通省の出先機関である河川や道路の事務所にて、国が行う公共事業の整備の過程で、様々な行政事務のサポートを行います。


  • 公共事業の整備計画に関する資料の作成及び予算管理に関する資料の作成
  • 河川や道路を整備するための様々な調査や設計に関する資料の作成
  • 河川工事や道路工事を発注するための資料の作成
事業内容
積算技術業務
工事に掛かるかお金はどのくらいか?工事価格を計算します。

積算とは、道路や橋、堤防などの公共工事のもととなる価格(工事価格)を算出する仕事です。 工事価格は人や機械、材料費など工事を進めるために必要な費用を積み上げて算出します。 公共工事の財源は税金となるので経済性や効率性、公平性が重要となる業務です。

業務内容

  • 工事予定箇所の状況や積算に必要な情報を収集するための現地調査
  • 工事全体のスケジュール、工事の方法(使用機械など)、材料単価などの積算資料の作成
  • 工事を進めるために必要なものの数量の根拠となる数量計算書の取りまとめ
  • 目的となる道路や橋、堤防などの設計図となる発注図面の取りまとめ
  • 現地調査、積算資料、数量計算書による積算システムへのデータ入力
事業内容
技術審査業務
どの会社と契約したら良いか?価格と技術で審査します。

国土交通省の道路・河川の事務所から発注手続きが行われる工事発注のための、公告文(案)や入札説明書(案)の作成 及び 工事入札参加企業から提出された申請書類の分析、整理を行う仕事です。

業務内容

  • 公共工事の発注に伴う入札公告等(案)を各工事の特性に合わせ作成します
  • 公共工事の入札参加者を公正に各工事の特性に合わせ評価し数値化します
     (ワープロソフト、表計算ソフト、PDFの作業が主体です)
事業内容
工事監督支援業務
工事が順調に進んでいるか?行政職員と一緒に監督します。

発注者である官公庁側の立場に立ち、行政職員を技術パートナーとして支える 「発注者支援業務」。公共工事の施工に関する専門的な技術支援を行う業務です。

業務内容

  • 工事をするのに必要な書類の作成や確認
  • 設計図書や基準どおりに出来ているか書類と現場の確認
  • 工事を進めるうえで関係する他機関との調整
  • 契約~完成までに行われる様々な工事検査の立会
事業内容
施工体制調査業務
法律を守って工事をしているか?調査をします。

公共工事の品質を確保するには、適正な施工体制により工事を行うことが必要となります。 その施工体制として、配置される技術者や協力して工事を行う会社との契約等が法令を遵守しているか調査する業務です。

業務内容

施工体制調査業務は、施工中の各工事現場を定期的に巡回し、適正な施工体制で工事が進められているかについて調査する業務です。


  • 建設工事に係る許可業種の確認(土木、建築、電気、造園等の各業種)
  • 配置されている技術者の保有資格及び常駐の確認(施工する業種との適合)
  • 各業者間の契約内容の確認(事前の書面契約の徹底、必要項目の記載)
  • 健康保険等の社会保険の加入状況、建設業の許可票等の現場掲示状況の確認
事業内容
道路許認可審査・適正化指導業務
道路が安全・適切に利用されているか?管理します。

皆さんが利用する「道路」が常に安全・健全な状態に保たれるよう、 道路行政の窓口としてルールに基づく様々な「許認可審査」や効果的な「適正化指導」を通して、 道路の適切な利用と管理を担う重要な仕事です。

業務内容

道路関係法令に基づき、窓口での各種申請の受付・審査、現地での違法な利用状況やトレーラー等の通行状況について指導取締り等を行う業務です。


  • 道路の工事や占用(利用)するための各種申請書類の受付・審査
  • 道路の占用に係わる不正使用、不法占用に関する指導取り締まり
  • 特殊車両(トレーラ等)通行許可の各種申請書類の受付・審査
  • 特殊車両の違反車両に対しての指導取締り
事業内容
河川巡視支援業務
河川が安全・適切に利用されているか?巡視します。

河川が常に安全・安心・快適な状態に保たれるよう、堤防や水門などの状態や河川空間の利用状況などを毎日巡視することで、 河川の維持管理に欠かせない情報を収集する重要な仕事です。

業務内容

河川巡視支援業務は、バイク(陸上)や巡視船(水上)により対象エリアを日々巡視して河川に関する様々な情報や状況変化を把握して河川管理者へ報告する業務です。


  • 河川管理施設の維持状況(堤防、水門、護岸、河川敷道路など)
  • 許可工作物の状態(川に架かる道路・鉄道橋、レクリエーション施設など)
  • 自然環境の変化(水位、水質、水辺の動植物など)
  • 違法・危険行為の有無・状況(ゴミの投棄、迷惑ゴルフ、不法占用など)
事業内容